神奈川の賃貸経営者のマンション改修工事体験談

サイトで施工会社を選び気になる部分を全て改修

経営している賃貸マンションが10年経ち改修を考えるサイトで施工会社を選び気になる部分を全て改修マンションが見違えて入居者も増えた

そして今回のマンションのリニューアル工事では、外壁塗装による建物のイメージアップに力を入れました。
特に周辺におしゃれな物件が増えてきたこともあり、明るい印象の塗料を選んで若い世代に強くアピールすることも目指しました。
工事を請け負った会社の担当者がカラーシミュレーションをしてくれたので、複数の候補の中から最適な色合いの塗料を選べました。
また塗装工事に着手する前に建物を調べると、一部でひび割れや剥落が見つかりました。
そこで作業の予定を一部変更して、建物の劣化した部分を徹底的に補修することにしました。
補修工事が完了して建物が万全な状態になってから塗装を始めたので、マンションの外観はとても美しく仕上がりました。

神奈川県川崎市の3Fマンション改修中です。
タイル外壁の目地モルタルの割れを補修してきました。
|柏・松戸市|外壁塗装|有限会社シャイン https://t.co/FVW1BRvlac

— naoki kozumi (@naoki_kozumi) 2016年11月23日
また入居者の満足度を高めることが満室経営への近道だと考えたので、小さな設備更新もこの機会に地道に実施しました。
特に大型の郵便ポストへの交換と、エントランス部分への宅配ボックスの設置に力を入れました。
このような設備のレベルアップで、シングルや共働きの世帯も快適に暮らせるようになると考えたからです。
賃貸マンションを新築した時には必要最小限の仕様を選びましたが、この機会に住居部分のキッチンやサッシなどの改修工事も行いました。
サッシを取り換えるときには複層ガラスの製品を選んだので、交換後は真夏や真冬の室内の快適性も高まりました。